上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシコの興奮、まだ冷めやらず。
バルサファンにとっては、歴史に残るような大勝利!!
酔いつぶれて仕事に行けない人が続出だったんじゃ??なんて思ったり。

それと遅ればせながら、グランパスのリーグ初優勝おめでとう~!
ピクシー、よかったねぇ!

師走は何だかんだで忙しいけど、この雰囲気が好き。
今月は、観たい映画も盛りだくさん。

未レビュー作品のひとくちメモ↓

『マザーウォーター』
やたらと外でご飯が食べたくなっちゃった。
やっぱり京都っていいわ。



harrypotterdeath1.jpg

監督:デイビッド・イェーツ
キャスト:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン レイフ・ファインズ ヘレナ・ボナム=カーター アラン・リックマン 
2010 アメリカ

■Story

ダンブルドアを失い悲しみに暮れる中、ヴォルデモートを倒す鍵となる分霊箱を見つけるため、旅に出るハリーとロン、ハーマイオイニー。しかし、あてのない困難な旅の中で次第に3人の関係に亀裂が生じ始め…

■Review

素直に面白かった!
2部作に分けてくれたおかげで、今までよりもじっくり堪能できて、満足。


sylvia.jpg
監督・脚本:ホセ・ルイス・ゲリン
キャスト:グザビエ・ラフィット ピラール・ロペス・デ・アジャラ 
2007 スペイン フランス

■Review

ただひたすらにシルビアを見つめて、その背中を追いかけて。
それだけなのに、なんでこんなにワクワクするの。


東京では既に公開中のアルゼンチン映画『ルイーサ』、名古屋は来年だそう。
(それにしても、シネマテークさんのチョイスはいつも素晴らしい~)
11月は何かと予定もあるので、ぼちぼちと。

10月は満足度の高い作品が多くて、充実してました。
その他作品のちょこっとメモ(シルビアは別途レビュー予定)↓

『アイルトン・セナ 音速の彼方に』
もう16年も経ってるっていうのに、まだショックなんだよなぁ。
特別神様に愛されてたからあんなに早く逝っちゃったんだ…とかね、思わずにはいられない。かなりセナ寄りの内容だけど(私はプロストも好きですが)、ロン・デニスとか、フランク・ウィリアムズとか、懐かしい顔ぶれがいっぱい。

『ミックマック』
相変わらず、細部までこだわった美しい映像がステキ!
風刺の効いたストーリーを、コミカルにテンポよく仕上げてて楽しかった。



singleman

監督・脚本:トム・フォード
キャスト:コリン・ファース ジュリアン・ムーア マシュー・グード ニコラス・ホルト ジョン・コルタジャレナ
2009 アメリカ

■Story

長年連れ添ったパートーナーを失い、日に日に強くなる喪失感から、ジョージは自らの人生に幕を引こうと決意する。だが、最後の一日と決めたその日、いつもと何ら変わらないはずの世界は、彼の目には少しずつ違って見えて…


■Review

あぁもう、大好き!
全身の肌が粟立つような感覚に、ゾクゾクする。


message

監督:ジル・ブルドス
脚本:ジル・ブルドス ミシェル・スピノザ
キャスト:ロマン・デュリス ジョン・マルコヴィッチ エヴァンジェリン・リリー 
2008 ドイツ フランス カナダ

■Story

NYに住む敏腕弁護士のネイサン(ロマン・デュリス)は、妻や娘と別れ、一人仕事に没頭した生活を送っていた。そんなある日、彼の前にドクター・ケイと名乗る不思議な人物が現れた。彼は、自分には人の命の期限が見えると言うのだが…

■Review

幻想的な音楽と映像が印象的な、切ないファンタジー。
それにしても、ロマン・デュリスはいイイ男に育ったなぁ。


persiancats.jpg

監督:バフマン・ゴバディ
脚本:バフマン・ゴバディ ロクサナ・サベリ ホセイン・アブケナール
キャスト:ネガル・シャガギ アシュカン・クーシャンネード ハメッド・ベーダード
2009 イラン

■Review

牛小屋から、マンションの屋上から放たれた音楽は、イランの空には響き渡らなくとも
私たちの耳にはちゃんと届いてる。



Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。